Career Groove バイトを楽しむ仕事マガジン

バイトを楽しむキャリアマガジン produced by モッピージョブ

 >  >  > 初バイトする高校生の履歴書の書き方~志望動機編~

高校生のための履歴書の書き方・キホンのキ。~志望動機編~ 「近所だから」は書いてOK?

 初バイトする高校生の履歴書の書き方~志望動機編~

~高校生・バイトデビュー向け~ 履歴書の志望動機で悩んだら即チェック! あなたのその悩みをCareer Grooveがお助けします! 文章を考えるコツ、例文、印象upの書き方、オススメのボールペンまで、基本中の基本から、押さえておくべきポイントまで、一挙にご紹介します。

はじめに

履歴書を書く時に、『志望動機』をどう書いたらいいのか悩む人も多いのではないでしょうか?

特に、初めてバイトをする人や高校生のようにバイト経験が少ない人にとっては、「どんな書き方をしたらいいかわからない」という人もいるでしょう。

今回Career Grooveでは、そんな高校生たちが頭を抱える “志望動機の文章構成と基本的な書き方” をご紹介します。

1. 高校生にピッタリな志望動機の作り方
2. 履歴書の下書きをする時のポイント
3. ボールペンを使った本番書きのコツ
4. 完ぺきな仕上がりにする最後の一歩

ぜひ参考にしてください。

1. ポイントの組み合わせで簡単作成! 高校生にピッタリな志望動機♪

いいね!ポーズをとる少女

履歴書の志望動機を書く時に、まず考えなくてはならないのが “志望動機を文章にすること” です。

「お金を貯めたい」
「自宅の近くだから」
「興味があったから」

実際はこのような気軽な動機でも、これだけでは志望動機で好印象を与えることは正直難しいかもしれません。

好印象を得るためには “なぜたくさんあるバイトのなかから、このバイトを選んだのか” というところにスポットをあてるとグッドです。

この部分を押さえておけば、バイトに対するあなたのやる気を伝えやすくなるでしょう。

★志望動機の文字数は200字程度が理想的★

履歴書に書く志望動機は、およそ200字程度と考えてよいでしょう。

なぜ200字程度がちょうどいいかというと……

◇志望動機欄がスカスカ
 →やる気を感じとれない
◇志望動機欄がぎゅうぎゅう
 →読み手側が読みづらい

このような理由から、履歴書の志望動機は200字前後でまとめるのがちょうどよい量といえます。

また、志望動機の文章を考える時には、何度も修正が必要となることがあります。

何度も修正して履歴書がボロボロにならないように、いらない紙や、パソコン、スマートフォンを使って文章を考えましょう。

▼高校生ならではのアピールポイント▼

志望動機で、雇用主(バイト先の責任者)が歓迎するポイントを押さえると、印象upにつながります!

★長期でバイトを続けられるアピール(1年以上)★
・家(または学校など)が近いため通いやすく、長く続けることができます。
・将来の夢のために役立つスキルを身につけたいので、しっかりと働きたいと思っています。

★やる気・向上心があるアピール★
・1日も早く仕事を覚えられるようにがんばりたいです。
・お役に立てるように努めたいと思っています。

★協調性がある、円滑な人間関係をつくれるアピール★
・人見知りをしないため、どんな環境でもすぐに馴染むことができます。
・初対面の人とも仲良く話せるコミュニケーション能力があります。
・誰とでも分け隔てなく接することができます。

★即戦力になれる、活躍できるアピール★
・この職場で特技を活かしてがんばりたいです。
・人と接するのが好きだから、接客業に挑戦したいと思い志望しました。
・部活動で鍛えているので体力には自信があります。

このようなポイントを押さえることで、“成果を期待できる人材” として好印象を与えることができるでしょう。

▼この職場だからバイトしたい! という意欲をみせる▼

はじめにもご説明したように、

“たくさんあるバイトのなかから、このバイトを選んだ理由”

を志望動機に入れることによって、より一層相手に好印象を与えることができます。

なぜなら、この職場だからバイトがしたいというと、「適当に応募してきたのではなく、熱い気持ちや、やる気があってこのバイトに応募してきたんだな」という印象になるからです。

またこの説明を入れることで、面接の際に「こういうバイトの募集はたくさんありますが、なぜ弊社を選んだのですか?」という質問をされた時の対策にもなります。

≪この職場だからバイトしたい! という気持ちが伝わる文章≫

●来店経験から
以前こちらのお店に家族と来た時、とても丁寧で気持ちのよい接客をしてくださったのが印象的でした。わたしもぜひその接客技術を身につけたいと思い志望しました。

●続けやすさから
私は運動部に所属しています。貴店は週1日の勤務から募集ということと、勤務地が学校と自宅の間ということもあり、部活や学業と両立して続けることができると思い志望しました。

●求人情報の特徴から
貴店の求人情報でしっかりとした研修があるという点に魅力を感じました。採用いただいた際には、研修期間中にしっかりと仕事を覚え、なるべく早くお役に立てるように努めたいと思っています。

▼組み合わせて自分にピッタリの志望動機にしよう▼

組み合わせに悩む人

これまでにご説明してきた、
・アピールポイント
・この職場だからバイトをしたい理由
この2点を押さえて、自分にピッタリな志望動機の文章を考えましょう。

≪高校生向け志望動機の例文≫

「活躍が期待できる」+「この職場だからバイトをしたい」+「やる気」
私は人と接することが好きで、接客の仕事をしたいと思い今回ホールスタッフに応募しました。こちらのお店は以前家族と来た時に、スタッフの方が丁寧で気持ちのよい接客をしてくださったのが印象的でした。そのため、ぜひ貴店の接客技術を学びたいと思い、志望しました。採用いただいた際には、積極的に仕事を覚えて、1日も早くお役に立てるように努めていきたいと思っています。(176字)

「協調性がある」+「即戦力になる」+「長期で続けられる」
私はサッカー部に所属しています。サッカー部の活動ではチームワークを大切にしており、誰とでも分け隔てなく接することができる協調性を身につけることができました。そして、毎日のトレーニングで培った体力には自信があり、貴社ではそれを活かすことができると思います。貴社を志望したのは、募集されている勤務日数が週1日からということと、通いやすさの点です。貴社でなら部活動や学業と両立して続けることができると思いました。(203字)

「協調性がある」+「長期で続けられる」+「向上心がある」
私は小学4年生から現在までバスケをしています。バスケを通して、チームワークや日々の練習の大切さだけではなく、長く続けることの大切さも学びました。貴店は駅から近くて通いやすいという点だけではなく、以前から興味のあった料理について学べると思い、キッチンスタッフを志望しました。採用いただいた際にはバスケと同様、チームワークと継続することを大切にして、なるべく早く一人前に業務をこなせるようになりたいです。(200字)

職種別の志望動機例はコチラ★

▼【注意】印象のよくない志望動機の書き方▼

印象のよくないポイントも知っておくと、マイナスイメージを回避できます。

どんなものがマイナスイメージにつながるのかチェックしてみましょう。

●志望動機欄がスカスカ

前にも述べたように、志望動機欄がスカスカだとやる気や意欲を感じ取ることができません。

それどころか「適当に履歴書を作成している」という印象を与えてしまうことも……。

また、空白スペースをつくらないように大きな文字で埋めようと思っても、全体のバランスがよくありません。

適切な文字サイズで、志望動機欄の8割以上を埋めるように心がけましょう。

●字や紙が汚い

字の上手さに自信がなくても、丁寧に書けば「字が汚い」という印象にはなりません。

殴り書きのように文字が潰れている、省略文字を使う、または文字と文字が繋がっている書き方は、履歴書には不適切です。

一文字ごとが読みやすいように、丁寧に書きましょう。

また履歴書自体が汚れている、しわくちゃになっているのも「だらしない人」という印象を与えます。

履歴書を書く前は、机をきれいに拭く、机を整理整頓する、手を洗うなど清潔な環境で書きましょう。

そして書き終えた後は、ファイルに挟んで折れ曲がらないように保管しましょう。

●やる気を感じないワードを入れる

「ラクそうだから、これなら私にもできると思いました。」
「簡単に稼げそうだから、やりたいと思いました。」

このように、「ラクそう」「簡単に稼げそう」というワードは、やる気がないように感じられます。

しかしこれらの志望動機も、少し文章を変えるだけでいい方向にイメージを変えることができます。

「希望の勤務時間とあっているので、続けていけると思い志望しました。」
「進学後の生活の為に、短期で集中してお金を貯めたいと思い志望しました。」

このように「続けていける」「集中」というワードをいれることで、グッと印象のよい文章になります。

●箇条書きにする

・通いやすいから
・興味があったから

通常このような “箇条書き” は、履歴書の志望動機では使いません。

そのため、箇条書きで志望動機を書くと「一般常識がない人」というマイナスな印象を与えてしまうかもしれません。

志望動機はきちんと文章にして書きましょう。

●ネガティブなワードを入れる

ネガティブワードとは「自信がない」などの『マイナスのイメージがある言葉』です。

志望動機で見栄を張る必要はありませんが、本当に自信がない点には触れないように文章をつくりましょう。

2. 面倒でも必須作業! 下書きをする時のポイント★

下書き用の鉛筆

履歴書に書く志望動機が決まったら、次は下書き作業です。

現役高校生の皆さんは、手書きの文章を書くよりPCやスマホで文章を打つ方が慣れているかもしれません。

そのため、「下書きなんて面倒だからやりたくないよ~。」という人もいることでしょう。

では、なぜ履歴書を書く時は面倒な下書きをした方がいいのでしょうか?

▼履歴書の下書きをするメリット▼

★誤字・脱字を防げる★

履歴書で誤字・脱字があると「ミスがある人」「確認不足な人」という印象を与えます。

そうなると、「バイトで任せた作業でもミスをするんじゃないか?」「適当な仕事をする人かもしれない」というマイナスなイメージにつながる可能性があります。

★バランスのよい文字サイズにして印象up★

志望動機欄は、ほかの学歴や資格の欄より、たくさんの文字を書きます。そのため、ほかの欄よりもバランスが取りづらいのです。

志望動機欄の文字サイズや、文字間隔をバランスよく書くことによって、読み手側(バイト先の責任者)が読みやすい履歴書になります。そして、読みやすい文字を書く人は「しっかりした人」という好印象を持ってもらえます。

▼下書きをする時のポイント▼

それではいよいよ履歴書に直接書き込んでいきましょう。
下書きをする時にポイントには、このようなものがあります。

★文字が斜めにならないように、目印になる線をまっすぐと引く。
★筆圧が残らないように、力を抜いて “うっすら” と書く。
★「文字」「行」の間は詰めすぎると読みにくいので注意する。

これらのポイントを押さえて、丁寧に下書きをしてみましょう。

上手な文字で書けなくても、丁寧に書くことができれば “読みやすい履歴書” になります♪

3. 失敗しない! ボールペンを使った本番書きのコツ★

ついに、ボールペンで本番書きをします。
ここまでたどり着いたら、完ぺきに仕上げたいですよね!

本番書きを “きれいに仕上げるコツ” をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

★最適なボールペンを使おう

Career Groove選抜!履歴書にオススメのボールペン3選

・パイロット『ジュース』黒(ゲルインキ)0.5mm/0.7mm 定価100円+消費税
・ゼブラ『サラサ』黒(ゲルインキ)0.5mm/0.7mm定価100円+消費税
・ぺんてる『エナージェル』(ゲルインキ)黒0.5mm/0.7mm 定価200円+消費税

履歴書にオススメのボールペン ※2017年9月Career Groove編集部調べ
※情報は制作当時のものとなります。

どれもインクの出がよくて、速乾性があり、文字がくっきりと見えるので履歴書を書く時にオススメです。
高校生のお小遣いで気軽に買える値段なのも嬉しいですね。

そして大切なのが “ペン先のサイズ” ! ペン先にはいろいろサイズがありますが、履歴書では0.5mmか0.7mmを使うのがよいでしょう。

使いやすいボールペンは履歴書だけでなく、バイトでメモをとるためにも使えるので1本あれば重宝しますよ!

★はじめの一文字を書く前に、いらない紙でインクの出を確認しよう!

高校生の皆さんはボールペンを使う時、こんな経験をしたことはありませんか?

・書き出しの文字がかすれた
・インクがドバっと出て汚れた

せっかく丁寧に下書きした履歴書を、ボールペンの不調で台無しにしたくありませんよね。

まずは一文字目を書く前に、いらない紙でぐりぐりと試し書きをしてください。
そして、きれいにインクが出ているかチェックしてから本番書きをしましょう。

★1行書いたら一旦手を休めよう!

たくさんの文字を書いていると、前の行の文字が手で擦れてしまうことってありますよね。
志望動機欄は履歴書のなかでも特に文字が多くなる箇所です。

速乾性インクのボールペンでも、インクが乾ききっていないうちに次の行を書くと擦れてしまうということも……。

完ぺきにきれいに仕上げるなら、書いた行がしっかりと乾いてから次の行に移るのが得策です!

4. ラストも慎重に! 下書きを消して完ぺき仕上げ★

履歴書で使う筆記用具

さて、あとは仕上げの下書きを消す作業を残すだけとなりましたね。

最後まで丁寧に仕上げることによって「まだ高校生だけどしっかりしている人だな!」と好印象をもらえるかも!

▼下書き消しも丁寧に♪▼

ボールペンで書いた後は、しばらく時間を置いてから下書きを消しましょう。
急いで消すと、インクが渇いていなくて擦れてしまうこともあります。

そして消す時は、強く力をこめる必要はありません。

優しくなでるように、消しゴムを滑らせましょう。

この時、注意してほしいのが消しゴムを動かす方向です。

上下や左右に往復するように消すのではなく、「左から右へ」「上から下へ」など片方向だけに決めて消していくときれいに仕上がります。

こうすることによって、消しゴムでこすった勢いで紙がぐしゃっとよれてしまうリスクを回避できます。

きれいに消し終えたら、丁寧に消しカスを払い落しましょう。

これで履歴書の志望動機欄は完成です。
お疲れ様でした!

高校生向け★ 履歴書の書き方~志望動機編~まとめ

高校生にピッタリな志望動機の作り方と、基本的な志望動機の書き方をご紹介しました。いかがでしたか?

志望動機を書くコツや注意する点をしっかりと押さえれば、これから先に控える就活にも役に立ちますね。

今回は手書きの履歴書を書くコツをご紹介しましたが、現在は「PCで作成OK」「PDFで履歴書を送付」という企業もあります。

そのような場合も志望動機を考える時は、雇用主(バイト先の責任者)の心をグッとつかむような、あなたらしく、意欲に満ちた文章を考えてみてください♪

より採用率がupする履歴書の書き方のコツはコチラ★

バイトデビューは、『モッピージョブ』で☆彡

モッピージョブでは、高校生歓迎のバイトをたくさんご紹介しています! ぜひチェックを☆

コンビニ
ファーストフード
ファミレス
カラオケ店
ガソリンスタンド
高校生OK

バイト/仕事を楽しむキャリアマガジン『Career Groove』では「バイトの経験が人生でとても役に立った!」という会社の社長、研究者、アスリートなど、社会で活躍するさまざまな社会人を取材しています!

人生のセンパイたちから社会に生きる術を、学んでみませんか?
総力取材!リーダーインタビュー

高校時代はバイト漬け!ファッションスタイリストの夢を実現
ともじ(TOMOJI)さん(ファッションブランド「OF THE NEIGE STYLE」デザイナー)

高校生に大人気!スマホひとつで投稿できる音楽コミュニティアプリ「nana」を運営
文原 明臣さん(株式会社nana music)

あわせて読みたい

Career Grooveとは?

「Career Groove(キャリアグルーヴ)」は、様々な業界で活躍している起業家や著名人が語る、バイト・仕事のやりがいや働く楽しさを一人でも多くの人へ伝えるというミッションを持ったウェブマガジンです。

新着記事

Access Ranking

Social Account