ダンスインストラクターのアルバイト・バイトの仕事内容

アルバイト・パート求人情報探しは
お祝い金がもらえるモッピージョブ

全国バイト掲載数
101,287
更新日時

ダンスインストラクターの仕事内容

ダンスインストラクターの仕事内容について

ダンスインストラクターは、専門学校やダンススタジオでプロダンサーを育てることから、スポーツジムなどで健康維持のために通う人のサポートまで、幅広い人たちを指導するお仕事です。主な勤務先は、企業やダンサー・振付師が経営しているスクールや、専門学校での指導、スポーツジムのほか、スタジオを借りて、インストラクター自身が経営する事もできます。他にも、コンサートホールや、テーマパーク、イベント会場でのバックダンサーなど様々です。一般的なクラス構成としては、まずはじめは、ストレッチからはじめていき、徐々に体温と心拍数を上昇させていきます。スタジオによっては、筋力トレーニングを取りいれるクラスもあります。複数の動きを音楽に合わせて体を動かし続けます。最後はコンビネーション(ある動きと動きをつなげていくこと)です。それまでにやった動きを全部つなげて踊ります。ダンスは特にジャンルが細かく分けられており、ヒップホップ、ブレイクダンス、ジャズダンス、社交ダンス、エアロビクス、バレエ、カポエィラなど数え上げれば際限がありません。興味があって、将来志したいジャンルのダンスがあるのなら、体を鍛えて技術を磨くだけでなく、ダンスに対する「学」を深める努力も不可欠であると言えるでしょう。ダンスインストラクター業のやりがいは、体を動かすことはもちろん、なんといっても、生徒たちと一つになって踊り、ダンスの楽しさを幅広く伝えていくことにあります。音楽に合わせてダンスを構成していき、自身が体感しながら指導していくことが重要です。レッスン時は、一つ一つの動きを丁寧に教えて行くことが多いため、生徒とのコミュニケーション能力も不可欠です。また、ダンスインストラクターの場合、日々身体を鍛えたり、いつまでもダンスを学ぶ姿勢、技術を磨いていく向上心を常に持ち続けていくことが大事です。

アルバイトからダンスインストラクターになろう!必要な資格・スキルとは?

ダンスインストラクターになるには、資格が必要なダンスも種類によってさまざま存在します。例えば、歴史が長い社交ダンスやバレエなどは、どれも専門資格を取得していることが条件となります。ヒップホップやブレイクダンスなどの若者を中心に流行しているダンスの場合、指導システムが国内で確立されていない経緯もあり、資格・試験などは存在しません。ただ、今後これらのジャンルでも新たに資格・試験制度が設けられる可能性は十分考えられます。自分が志すジャンルのダンスは、指導するのに資格が必要なのかどうかしっかりと事前に調べておくことが重要です。また指導するにあたって大事な事は、人に指導が出来る程度のスキルを持ち合わせていることです。他にもスキルだけではなく、ダンスそのものに関する知識を身につけていなければならないケースも考えられます。興味があって、将来志したいジャンルのダンスがあるのなら、体を鍛えて技術を磨くだけでなく、ダンスに対する「学」を深める努力も不可欠であると言えるでしょう。ダンスインストラクターとして働くには、いくつかの方法があります。一つは、ダンススクールや専門学校に通い、スキルやオーディション、指導方法などを学ぶ方法です。プロ講師の元、たくさんの仲間たちと一緒に、楽しみながらダンスを学ぶことができます。学校を選ぶ際には、卒業後のフォローなども事前に調べておくといいです。もう一つは、独学でダンスを極める方法です。独学でもスキルや指導力さえあれば、スクールに通わなくても、ダンスインストラクターとして働く事ができます。オーディションなど挑戦していく気持ちが大事です。どのダンスのジャンルもまずは、ダンスがうまくなることや、ダンスを愛する気持ちが大切です。ファッション、スタイル、ヘアメイクなど、人から魅力的な人とみられるよう努力することや、指導力、人の身体についての知識、チームワークを身につけることも必要です。

ダンスインストラクターの関連サイト及び団体

京都府プロダンスインストラクター協会(KPDIA)、大阪府プロダンスインストラクター協会 OPDI、JBDF埼玉県支局・埼玉県プロダンスインストラクター協会、特定非営利活動法人ダンスインストラクター協会、北海道プロダンスインストラクター協会函館支部など

ダンスインストラクターに関連する職種から求人を探す

仕事内容からやりたい求人の仕事・憧れの仕事など見つかった方は、ダンスインストラクターの職種からアルバイト・バイトの求人を検索しよう!

ダンスインストラクターに近い仕事内容ガイド