プロサーファーのアルバイト・バイトの仕事内容

アルバイト・パート求人情報探しは
お祝い金がもらえるモッピージョブ

全国バイト掲載数
101,287
更新日時

プロサーファーの仕事内容

プロサーファーの仕事内容について

プロサーファーとは、サーフィンによって生計を立てているプロスポーツ選手のことです。プロサーファーは、主にサーフィン大会に出て、勝利することで賞金を得ます。また企業がスポンサーにつく場合も多く、例えばサーフボードのメーカーの場合、会社から遠征費や道具のサポートを受けたり、収入の対価としてその会社のサーフボードに乗って大会で活躍することが仕事となります。
大会スケジュールが決まったら、申し込みを行い、それに向けて日々練習やトレーニングを積みます。スケジュールを組んだり、トレーニングや体調管理なども大事な仕事です。

アルバイトからプロサーファーになろう!必要な資格・スキルとは?

国内でプロサーファーになるには、日本プロサーフィン連盟(JPSA)の認定をもらうのが一般的です。認定には、日本プロサーフィン連盟の大会に出て、よい成績を残す必要があります。実績が認められればプロ認定される仕組みです。プロ認定がない場合でも大会に出て、賞金を稼ぐことでプロとなることは可能ですが、プロ認定がないと参加できない大会も存在します。
また海外でプロサーファーとして活躍するには、海外の大会での実績が不可欠です。
プロサーファーとしての仕事だけで独り立ちするのは容易ではないため、多くはサーフショップでの経営やアルバイト、サーフィンスクールでの講師といった仕事と兼業しています。
大会では、自分のコンディションだけでなく、波に左右されることも多く、強い運も必要となります。自然はコントロールできませんので、くよくよせず、前向きな姿勢が大事です。サーフィンがとにかく好きで、大好きなサーフィンを仕事としたい、海に関わっていきたいという人にはピッタリの仕事です。

プロサーファーの関連サイト及び団体

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟 世界プロサーフィン連盟日本支局

プロサーファーに関連する職種から求人を探す

仕事内容からやりたい求人の仕事・憧れの仕事など見つかった方は、プロサーファーの職種からアルバイト・バイトの求人を検索しよう!