学校心理士のアルバイト・バイトの仕事内容

アルバイト・パート求人情報探しは
お祝い金がもらえるモッピージョブ

全国バイト掲載数
100,300
更新日時

学校心理士の仕事内容

学校心理士の仕事内容について

学校心理士とは、教育現場で児童や保護者、教員の相談に応じたり、カウンセリングなどを行う専門家です。全国でおよそ3600名の学校心理士が活躍していると言われています。
学校心理士が行うのは、児童が過ごす環境を総合的に判断する教育的査定や、児童へのカウンセリングのほか、保護者や教員と児童の様子などを相談したり、学校全体の心理教育のサポートが挙げられます。
対象には養護学校や特別支援学級なども含まれ、仕事先としては、小学校、中学校、高校や養護学校、教育相談所、教育委員会や教育センターなどが挙げられます。

アルバイトから学校心理士になろう!必要な資格・スキルとは?

学校心理士は民間資格です。学校心理士認定運営機構が実施する学校心理士の資格試験に合格する必要があります。受験資格は、大学を卒業後、学校心理学に関する専門的実務経験を5年以上持っている方などいくつか条件がありますので、事前に確認が必要です。なお学校心理士には、学校心理士補という資格もあります。
学校での仕事は、悩みを抱える本人だけでなく、環境も含めて判断したり、問題解決を行う必要があります。学校心理士は、児童、保護者、教員それぞれの状況をしっかり把握し、3者が上手く関係性を保てるよう配慮することが望まれます。そのため、心理の専門知識だけでなく、コミュニケーション能力や判断力、提案力など、さまざまな資質が必要となります。子どもたちの環境を心理面から支えたいと考える人にはやりがいの大きい仕事といえるでしょう。

学校心理士の関連サイト及び団体

一般社団法人 学校心理士認定運営機構

学校心理士に関連する職種から求人を探す

仕事内容からやりたい求人の仕事・憧れの仕事など見つかった方は、学校心理士の職種からアルバイト・バイトの求人を検索しよう!