児童福祉司のアルバイト・バイトの仕事内容

アルバイト・パート求人情報探しは
お祝い金がもらえるモッピージョブ

全国バイト掲載数
100,300
更新日時

児童福祉司の仕事内容

児童福祉司の仕事内容について

児童福祉司とは、児童相談所の職員として、乳幼児を含む子どもやその保護者の相談に乗り、問題解決を後押しする人のことです。
児童相談所は、各都道府県と政令指定都市に設置することが定められている施設で、全国に約200施設あるといわれています。ここには心身の障がいや家庭問題、非行など、様々な問題を抱える人が訪れます。児童福祉司はこれらの問題について、現状を調査したりヒアリングを行って、医師などと連携して対応策を練ります。それらを通じて、改善や立ち直りをサポートするのが児童福祉司の役割です。通常業務のほか、講演会を開催したり、巡回相談などを行う場合もあります。

アルバイトから児童福祉司になろう!必要な資格・スキルとは?

児童福祉司は、児童相談所に勤務する地方公務員ですので、公務員の採用試験に通ることが必要です。それに加えて児童福祉司の任用資格を取得しなければいけません。
児童福祉司の任用資格は、大学で心理学や教育学、社会学のいずれかを学び、定められた福祉施設で1年以上実務を経験するなどいくつかの条件がありますので、目指す場合はこれらを確認のうえ、指定された専門分野を学ぶとよいでしょう。
子どもや保護者からの信頼を得ることが重要な仕事ですので、コミュニケーション能力はもちろん、相談者の身に立って親身になれることや誠実さが重要な仕事です。また、深刻な相談が多く寄せられるため、予定通りにいかないことも多く、忍耐力も必要です。問題を抱える子どもたちの助けになりたいという高い志を持つ人に向いています。

児童福祉司の関連サイト及び団体

厚生労働省

児童福祉司に関連する職種から求人を探す

仕事内容からやりたい求人の仕事・憧れの仕事など見つかった方は、児童福祉司の職種からアルバイト・バイトの求人を検索しよう!