気象予報士のアルバイト・バイトの仕事内容

アルバイト・パート求人情報探しは
お祝い金がもらえるモッピージョブ

気象予報士の仕事内容

気象予報士の仕事内容について

気象予報士は、天気予報のスペシャリストです。
気象庁からのデータをコンピューターで解析し、それをもとに知識や経験を踏まえて予報を出すのが一般的な気象予報の流れです。
テレビの天気番組などで活躍する気象予報士をよく見ますが、多くの気象予報士は気象情報の提供企業などで、クライアントからの依頼によって業務を行います。海運関連や農業、漁業、広告代理店、イベント会社、コンビニ、レジャー施設など、気象が業務に関わる業界からの依頼が多いといわれています。シンクタンクでは、農業関連の市場の値動きに気象が関係することが多いことから、専任の気象予報士がいる場合もあるようです。これらの産業系の気象予報以外には、テレビやニュースサイトなどに提供する天気予報を作成します。テレビなどで解説をする場合は、トーク技術も必要となります。
就職先としては、気象庁や気象会社、放送局などが挙げられます。

アルバイトから気象予報士になろう!必要な資格・スキルとは?

気象予報士になるには、気象予報士の免許を取得することになります。受験の条件に制限はなく、どなたでも挑戦できる資格です。ただし試験には気象に関する高度な専門知識が出題されるため、十分に準備して試験に臨むことが大切です。
気象予報は大変難しいもので、予報が当たれば感謝されますが、外れればクレームにも繋がるため、業務にはプレッシャーが付きまといます。
丹念に研究を積み重ねて予報の確度を上げる努力をし続けることが求められますので、探究心と忍耐力がある方に向いた仕事といえるでしょう。

気象予報士の関連サイト及び団体

気象業務支援センター

気象予報士に関連する職種から求人を探す

仕事内容からやりたい求人の仕事・憧れの仕事など見つかった方は、気象予報士の職種からアルバイト・バイトの求人を検索しよう!