ピアノ調律技能士(ピアノ調律師)のアルバイト・バイトの仕事内容

アルバイト・パート求人情報探しは
お祝い金がもらえるモッピージョブ

ピアノ調律技能士(ピアノ調律師)の仕事内容

ピアノ調律技能士(ピアノ調律師)の仕事内容について

ピアノ調律技能士(ピアノ調律師)とは、ピアノ調律師として専門知識や技能を持った人で、ピアノ調律技能士の国家資格を持った人のことです。
業務内容としては、一般家庭や学校、各種ホールにあるピアノの調律や、楽器メーカーの出荷前のピアノのチューニングなどが挙げられます。音階を正しく聞き分け、じっくりコツコツと調整していく職人的な仕事です。
ピアノは半年から1年程度で調律が必要になるため、顧客から信頼を得ることで独立して仕事を行うことも可能です。ただし一日にこなせる仕事は限られており、収入面は厳しいとも言われています。
就職先としては、楽器店や楽器メーカー、調律事務所、ピアノ工房などが挙げられます。ピアノの技能を生かして、ピアノ講師と調律師の両方で活躍する人もいます。

アルバイトからピアノ調律技能士(ピアノ調律師)になろう!必要な資格・スキルとは?

ピアノ調律技能士(ピアノ調律師)になるには、ピアノ調律技能士の国家試験を受けて、合格しなければなりません。試験は実技と学科が行われます。1級から3級まであり、実務経験の期間などによって受験資格が設定されています。とても専門的な内容になりますので、音楽や調律の専門学校で学ぶのがよいでしょう。
技術を身につけても、常に思うように調律が出来るようになるには時間を要する仕事です。仕事に就いた後もたゆまぬ努力が求められます。
一生好きな音楽に携わっていける技術職です。日々ピアノと向き合いながら、研究や勉強を重ねて、技術を向上させていける人に向いた仕事です。

ピアノ調律技能士(ピアノ調律師)の関連サイト及び団体

日本ピアノ調律師協会

ピアノ調律技能士(ピアノ調律師)に関連する職種から求人を探す

仕事内容からやりたい求人の仕事・憧れの仕事など見つかった方は、ピアノ調律技能士(ピアノ調律師)の職種からアルバイト・バイトの求人を検索しよう!

ピアノ調律技能士(ピアノ調律師)に近い仕事内容ガイド