学童保育指導員のアルバイト・バイトの仕事内容

アルバイト・パート求人情報探しは
お祝い金がもらえるモッピージョブ

全国バイト掲載数
102,224
更新日時

学童保育指導員の仕事内容

学童保育指導員の仕事内容について

学童保育指導員とは、主に放課後児童クラブで子どもが安全に過ごせるように見守り、指導する人を指します。保護者が働いている間、子どもたちの様子を見守るのが主な目的とされています。
具体的には、施設を掃除し、おもちゃや教材を準備し、子どもたちが来たら安全を確認しながら遊ばせます。おやつを準備して、食べさせたり、子どもの様子を親に伝えたり、日誌に記録します。おやつの発注や支払い、備品代などの予算管理、親を招いての報告会なども行います。
放課後児童クラブの場合、小学校低学年を対象とするのが一般的ですが、高学年を受け入れている場合もあります。通常は学校が終わった後に業務が始まりますが、夏休みなどの長期休暇の時期は、午前中から受け入れを行います。
活躍の場としては、放課後児童クラブのほか、各地域の児童館が挙げられます。

アルバイトから学童保育指導員になろう!必要な資格・スキルとは?

学童保育指導員になるには、明確な資格はありません。保育士や小学校教諭、幼稚園教諭、児童指導員、児童厚生員などの資格が採用条件として定められている場合があります。季節ごとに子どもの数が変動するといった事情で、パートタイムなど非正規雇用が多いといわれています。
子どもたちと触れ合うため、子どもが好きなことは必須条件といえます。塾と異なり、子どもたちの生活の場としての役割が大きいため、おおらかで子どもに安心感を与えられる人に向いた仕事といえるでしょう。

学童保育指導員の関連サイト及び団体

日本放課後児童指導員協会

学童保育指導員に関連する職種から求人を探す

仕事内容からやりたい求人の仕事・憧れの仕事など見つかった方は、学童保育指導員の職種からアルバイト・バイトの求人を検索しよう!