社会教育主事のアルバイト・バイトの仕事内容

アルバイト・パート求人情報探しは
お祝い金がもらえるモッピージョブ

全国バイト掲載数
105,460
更新日時

社会教育主事の仕事内容

社会教育主事の仕事内容について

社会教育主事とは、教育委員会に所属し、社会教育を行う各種機関にアドバイスや指導を行う人を指します。
近年は高齢化に伴って生涯学習への注目が高まっています。博物館や図書館、公民館など人々の身近な施設で英会話やパソコン、写真、アート、歴史など、じつにさまざまな学習プログラムが提供されるようになりました。
こういった生涯学習プログラムをはじめとする社会教育全般について専門知識を持ち、どのように企画運営すべきかをアドバイスし、実行をサポートするのが社会教育主事です。具体的なプログラムの企画や実施、アドバイスのほか、これらに関わる職員に対する研修事業の企画、実施など業務はさまざまです。

アルバイトから社会教育主事になろう!必要な資格・スキルとは?

社会教育主事になるには、資格が必要です。資格取得の条件には、指定の学歴と社会教育関連の職歴が必須となっており、条件が細かく設定されています。社会教育主事の資格を得たら、公務員採用試験に臨みます。これらをクリアし、希望通りに配属されて初めて、社会教育主事として活動ができるようになります。
働く現場は、学校や児童相談所、児童福祉施設や、障がい者福祉施設などです。
世の中に対して興味を持ち、人々が豊かな生活を送れるように後押しする仕事です。やりがいは大きいでしょう。

社会教育主事の関連サイト及び団体

文部科学省

社会教育主事に関連する職種から求人を探す

仕事内容からやりたい求人の仕事・憧れの仕事など見つかった方は、社会教育主事の職種からアルバイト・バイトの求人を検索しよう!