小学校教師、教員のアルバイト・バイトの仕事内容

アルバイト・パート求人情報探しは
お祝い金がもらえるモッピージョブ

全国バイト掲載数
101,123
更新日時

小学校教師、教員の仕事内容

小学校教師、教員の仕事内容について

小学校教師は、1年生から6年生(6才から11才)までの児童に、国公立や私立小学校で集団生活を通して、義務教育である基礎学力の教育と社会生活のルールを身につける指導者(先生)です。国語や算数だけでなく、体育や音楽などの全教科を担任するクラスの子どもたちに1人で教えるのが一般的です。(専任教員を採用している学校も有り) 授業だけでなく学校行事でも、アイデアを発揮して子どもたちを引っぱっていかなくてはなりません。また、ひとりひとりの能力や個性を見極め、クラス全員が理解できるように授業を進めていかなくてはなりません。

アルバイトから小学校教師、教員になろう!必要な資格・スキルとは?

小学校教師になるには、小学校教諭免許状(専修、一種、二種)が必要です。基本的には小学校教員養成課程のある大学、短大、文部科学大臣指定の専門学校などで、所定の教科、教職課程の単位を取り、卒業すれば取得できます。免許状は「1種免許状」「2種免許状」「専修免許状」の3つに分かれていて、短大や文部科学大臣指定の専修学校(専門学校)などで取得できるのが「2種免許状」、4年制大学を卒業すると取得できるのが「1種免許状」、4年生大学を卒業後、大学院修士課程・専攻科などで取得できるのが「専修免許状」です。公立小学校の場合は免許状を取得後、各都道府県または政令指定都市の教育委員会が実施する教員採用試験に合格しなければなりません。私立小学校の場合は、学校独自に採用試験を行っています。ただ単に子供が好きというだけでなく、子供と共に成長しようという心構えが必要、子どもの成長に大きな影響を与える仕事なので、勉強の教え方の技術だけでなく人間的にすぐれていること、ひとりひとりの児童と真剣に向き合おうとする熱意が求められるお仕事です。

小学校教師、教員の関連サイト及び団体

文部科学省

小学校教師、教員に関連する職種から求人を探す

仕事内容からやりたい求人の仕事・憧れの仕事など見つかった方は、小学校教師、教員の職種からアルバイト・バイトの求人を検索しよう!